Home » 新米コラム

新米コラム

新しい道産米の登場です。

ゆめぴりか」というお米をご存知ですか?
2008年に北海道の優良品種として採用され、2009年10月より量販店等での販売が開始されました。
一般に販売される前から高い食味が注目されていましたが、天候不順により収穫量が減少。
希少価値が高まり、20袋が2分で完売してしまったお店もあったとか。
収穫量が予想外に少なかったことから商戦的には苦戦を強いられているようですが、それだけ期待度が高かったことを示していますね。

 ゆめぴりかは道立上川農業試験場(比布町)が開発し、2009年より本格栽培を開始。アミロース含有率が適度に低く、粘りと柔らかさの絶妙なバランスが特長で、東京と札幌で行われた食味試験ではコシヒカリなど道外のブランド米を上回る評価を得ました。
 また、他品種に比べ収量の向上が見込まれているので、次期主力銘柄として期待されています。
 道産の高級ブランド米として、本格販売一年目から道外に進出するのは「ゆめぴりか」が初めて。コシヒカリなどを好む道外の消費者に、値ごろ感だけではなく、高品質な道産米のイメージを広めたいという狙いです。
 今後は作付面積の増加に伴い、より手ごろな値段で入手できるようになるのではないかと言われています。
 北海道米の将来を担う「ゆめぴりか」。これからが楽しみですね。